妊娠中の借金について

借金をした後妊娠が発覚してしまうこともあります。
元々結婚しており夫が返済してくれる場合にはいいのですが、まだ結婚していない場合には厄介になるでしょう。
まず子供の父親となる人物が結婚に応じてくれず、しかも認知もせずに逃亡してしまった場合、自分で全て解決しなければいけません。
妊娠から出産まで実はかなりのお金がかかります。さらに妊娠している間はは仕事できない期間もありますし、これから子供を育てていくのに更なるお金もかかります。
元々自分一人で生きていたときにさえ借金を作ってしまったくらいですのでこれから返済していくのはかなり困難でしょう。
まず何よりも自分達の幸せを考えるべきです。子供を生みたいと思ったときには返済不可能と確信した時点で法律家に相談してください。そして合法的に借金を免除してもらいましょう。
自己破産をする条件の中で返済不可能という条件がありますが、妊娠しており経済的に困窮しているなら裁判所で認められる可能性があります。
勿論自己破産する前に家族から援助を受けられるかどうかを考えましょう。
出来るだけ自己破産を避けられるなら避けたほうがいいのです。
借金が無くなれば心配事もなくなり精神的にも安定しますので子供も元気に産めます。